何が出てくるかわからない、いろんなことに挑戦中な不定期マイペース系日記。大きな事は出来ませんが、小さな事からコツコツと。
Reccomend

DHCオンラインショップ

ロフトネットストア

PUMA ONLINE STORE

マウスコンピューター/G-Tune



自動車保険比較Car-Jpn

電話占い月の猫・霊感・霊視・未来透視の占い専門サイト

Recommend
  サンプル・モニターの口コミ広告ならブロカン
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ビジネス
204位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SOHO・在宅ワーク
38位
アクセスランキングを見る>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
きょうこぬこはかつ。で制約された!


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「こぬこ」が書きました。
スポンサーサイト
2006/08/12 13:59 日記 TB(0) CM(0)
こちらで第一報をお伝えして以来情報が伝わってこなかった「めぞん一刻」のテレビドラマ化の話題ですが、いよいよ来春にもテレビ朝日系でドラマ化されるという。そして注目の一刻館の管理人、音無響子役に伊東美咲が演じる、との事。

スポニチ Sponichi Annex ニュース 芸能

「めぞん一刻」伊東美咲主演でドラマ化

 漫画家・高橋留美子さん(48)の代表作の1つ「めぞん一刻」が、伊東美咲の(29)主演でドラマ化される。来春、テレビ朝日がスペシャルドラマとして放送する。

 原作は雑誌「ビッグコミックスピリッツ」(小学館)で80年から7年間連載され、80年代のラブコメディー漫画の金字塔となった。86年にテレビアニメと実写映画、88年にアニメ映画がシリーズ化されたが、実写ドラマ化は初めて。

 古ぼけたアパート「一刻館」に住む浪人生の五代裕作と、管理人の独身女性・音無響子の恋愛物語。ドジでやきもち焼きでかれんなヒロインに伊東を起用したことについて、内山聖子プロデューサーは「みんながあこがれるセクシーな役をできるのは他にいない」と説明。伊東は「今から撮影が楽しみ。音無響子さんは魅力的な女性なので、それを楽しみながら表現できたらいいな」と意気込んでいる。

 裕作役は、満20~25歳未満の男性を一般公募。伊東も「どんな方が選ばれるのか楽しみ」と期待している。


…印象としてはちょっとシャープ過ぎないかな、って感じがしないでも。もうちょっといろんな意味で丸い穏やかな感じの役者でも良かったかなって気もしないでも。響子さんもああ見えて姐御肌な所もあるのでその印象から伊東美咲が選ばれたと思われるが、どう演じてくれるのでしょうね。というか「管理人の独身女性」じゃなくて正確には「未亡人」なんですが。そして「みんながあこがれるセクシーな役をできるのは他にいない」響子さんはセクシーだったのか…(^^;)ちなみに五代くんこと五代裕作は一般公募によるオーディションにより選ばれる、という事でどんな男性が選ばれるのか楽しみではあるがそれよりもアクの強い一刻館の住人や三鷹とかどんなキャストになるのかも注目かね。

伊東美咲の相手役一般オーディション - 芸能ニュース : nikkansports.com

伊東美咲の相手役一般オーディション

 高橋留美子氏原作の人気コミック「めぞん一刻」が、伊東美咲(29)主演で初めてドラマ化され、相手役を一般オーディションで選ぶことが6日、発表された。テレビ朝日系のスペシャルドラマ(来春放送)だが、シリーズ化する予定。伊東の彼氏に抜てきされるシンデレラボーイは10月中旬に決定する。


シリーズ化になるのか。単発のスペシャルドラマでまずは様子見と言った所か。

テレビ朝日|めぞん一刻
五代裕作役のオーディションの詳細も記載されています。我こそはと思う男性は即立候補を!!
2006/08/07 09:34 テレビ・ラジオ TB(0) CM(7)
正に波乱のレース展開となったF1ハンガリーGPにてホンダがワークスとしては実に39年ぶりとなる優勝を決めました。

勝利をホンダの手にもたらしたジェンソン・バトンもデビューから7年,113戦目にして念願の初優勝となった。またエンジンサプライヤーとしてのホンダもBARホンダとして第3期がスタートしてから7シーズン目にして初めての優勝となった。

asahi.com:ホンダ復活、単独チームでは39年ぶり優勝 F1 - スポーツ

 トップで逃げるバトンの耳に心臓の鼓動が響いてくる。ホンダ単独チームとしては実に39年ぶりの優勝だ。初参戦から通算301戦目。ホンダに新たな歴史が加わった。

 スタート前からの降雨でコース上には水たまりも。車がスリップし、リタイアが相次いだ。しかし、14番手スタートのバトンには「悪かったのはスタート位置だけ。2位だった36周目で最速ラップを出し、勝てると思った」と焦りはなかった。

 ホンダにとっても万感の勝利だ。今季は第1期の60年代以来の単独チーム体制となり、一丸で優勝を狙っていた。開幕前には合計2万5000キロ以上ものテスト走行を敢行。だがここまで最高は第2戦のバトンの3位。苦しんだ末の栄光に、ホンダのピットは歓喜に沸き、涙を流すスタッフもいた。

 バトンは速さに定評がありながら、自身112戦目までは未勝利。F1で初の栄誉に「ここまで長かったが、今日の最後の10周は人生最高の走り。最後は叫んでいた」。

 60年代初頭、四輪の市販車開発を始める前にF1参戦を決めたホンダ。今季はルノーとフェラーリしか優勝していなかったが、信念で勝利をつかんだ。ホンダの福井社長と父親のジョンさんらが見守る中、バトンが表彰台に上がると、空に晴れ間が広がった。(共同)

2006/08/07 01:55 モータースポーツ TB(0) CM(0)
往年のスポ根マンガ「巨人の星」がなんと40年ぶりに新たな解釈で甦る。
星飛雄馬の生涯のライバル花形満が今回の主役なんだそうで。

マガメガ
新約「巨人の星」/「花形」
hanagata.jpg

ここに描かれているキャラクターを見ても分かる通り、おそらく今回の主役「花形満」のキャラクターなんでしょう、思いっきり現代風にリファインされていますね。そのことからもオリジナルの「巨人の星」をそのままなぞるのでなくて設定や物語の解釈から何からすべて現代に置き換えた「花形満」側から見た「巨人の星」の物語が展開されていくんでしょうね。当然60年代と現代とは時代背景がまったく異なるのでそこら辺上手く解釈されていると良いのですけど。他の、星飛雄馬とか左門豊作とかライバルたちはどういうキャラクターに描かれているのかそこら辺も注目すべき所か。

原作が偉大すぎるとなかなか現代版にアレンジとかされたものはなかなか受け入れられない傾向があるのですがこれは音楽なんかとも一緒ですね。昔のヒット曲が現代のアーティストで歌われたものはなかなか受け入れられなかったり、アニメや特撮ヒーローものなんかもそう。リメイク版はなかなかオリジナルを超える事はできない傾向が強い。ただ一応本編を見てから批判するのは結構なのですが見もしないうちから否定するってのはちょっと違う感じがします。実際読んで見て様子を見てみても遅くないのではと思われます。なんかその作品の良い所がもしかしたら見つかるかも知れないし、もしかしたら化けるかも知れない…とはいえ某所でちらっと本編を覗き見してみたところ…アーアー、なるほどそう来たかって感じで、まるっきり別物の様でした。どうもスミマセン。
Blog Pet、きちんと表示させておかないと
アクセス解析は拾ってくれないのね、いゃあ失敗だ。
これからさりげなく表示させておこう…
まずは金曜日のフリー走行でF.アロンソが進路妨害されたと思いR.ドーンボスに対して拳を挙げただけなら良いのですが追い抜き様にウェービング(車を左右に大きく振る)をしたなどの危険行為により予選3回のスティントそれぞれのベストタイムにプラス2秒の加算と言う厳しいペナルティ、そしてM.シューマッハも土曜日のフリー走行でJ.バトンのエンジン故障でコース上にストップ赤旗掲示を無視し3台の追い抜きを行なったとして同じ様に予選タイムプラス2秒というペナルティが課されている。これによりM.シューマッハ、アロンソ両者とも予選第2スティントで消える可能性があるという大判狂わせ。図らずもそれぞれシューマッハ18秒台、アロンソも19秒台ののタイムを弾き出しながらも上記のペナルティにより第2スティントでチャンピオン争いの2台が消える事となった。抜きどころの無いハンガロリンクでは苦戦は必至だ。これでがぜん有利になったのがK.ライコネン、ポールポジション。車にトラブルが出ず、なおかつピット作戦が失敗さえしなければトップチェッカーは決定的な様なもの。

予選4位通過のJ.バトンがエンジン交換により決勝スターティンググリッドは10グリッド降下。それによりM.シューマッハは11番手、アロンソは15番手よりのスタートとなる。SAF1勢はC.アルバースのエンジン交換ペナルティ、S.スピードの進路妨害ペナルティでタイム抹消により、佐藤琢磨が19番手より、山本左近も21番手より虎視眈々と上位を狙う(まず完走か?)

予選暫定結果
1. 3 K.ライコネン マクラーレンメルセデス M 1'19"599 198.138 Km/h
2. 6 F.マッサ フェラーリ B 1'19"886 197.426 Km/h
3. 11 R.バリチェロ Honda M 1'20"085 196.936 Km/h
4. 12 J.バトン Honda M 1'20"092 196.919 Km/h
5. 4 P.デ・ラ・ロサ マクラーレンメルセデス M 1'20"117 196.857 Km/h
6. 9 M.ウェバー ウィリアムズコスワース B 1'20"266 196.492 Km/h
7. 7 R.シューマッハ トヨタ B 1'20"759 195.292 Km/h
8. 2 G.フィジケラ ルノー M 1'20"924 194.894 Km/h
9. 8 J.トゥルーリ トヨタ B 1'21"132 194.394 Km/h
10. 17 R.クビカ BMWザウバー M 1'22"049 192.222 Km/h

11. 16 N.ハイドフェルド BMWザウバー M 1'20"623 195.622 Km/h
12. 5 M.シューマッハ フェラーリ B 1'20"875 195.012 Km/h
13. 14 D.クルサード レッドブルフェラーリ M 1'20"890 194.976 Km/h
14. 15 C.クリエン レッドブルフェラーリ M 1'21"207 194.215 Km/h
15. 1 F.アロンソ ルノー M 1'21"364 193.840 Km/h
16. 18 T.モンテイロ ミッドランドトヨタ B 1'23"767 188.279 Km/h

17. 20 V.リウッツィ トロ・ロッソコスワース M 1'22"068 192.177 Km/h
18. 10 N.ロズベルグ ウィリアムズコスワース B 1'22"084 192.140 Km/h
19. 21 S.スピード トロ・ロッソコスワース M 1'22"317 191.596 Km/h
20. 22 佐藤琢磨 SAF1 Honda B 1'22"967 190.095 Km/h
21. 19 C.アルバース ミッドランドトヨタ B 1'23"146 189.686 Km/h
22. 23 山本左近 SAF1 Honda B 1'24"016 187.721 Km/h
2006/08/06 09:54 モータースポーツ TB(1) CM(0)
夏なんだから暑いのは当たり前なんですが、それにしても暑いですね。
このブログにしても私的にはここのところ書く事はいっぱいあるのですが
あまりの暑さについそちらまで気が回らないというか
ついついサボりがちになってしまう今日この頃。
いつものパターンだったらあれこれ新聞記事をクリップしてきて
あーでもこーでもないコメントを書き散らすだけの日記を書きまくる所ですが。
サボりすぎたおかげでずいぶんとアクセスが減ったもので情けないというか。
それじゃあコレは良い機会なので少し気分を変えて
ブログのタイトルを変えて、日記の雰囲気も変えてみて・・・
と、少しやってみました。ブログのタイトルは・・・

ぶろぐ。

使っている方が多そうだと思ったのですが
意外とこのシンプル過ぎるタイトルは使ってないみたいなので
あえて「ぶろぐ。」というタイトルでこれからやっていきます。
そして少し取っ付きやすくしてみようと思って
日記帳の柔らかい文章を出来るだけ心がけていこうと思っています。
あとは・・・まぁ今まで通りマイペースでのんびりと
そういう方向で。

メロメロパークとBlogPetはしばらく非表示にしてみたいと思います。
BlogPetは非表示でもコメントなんかはエントリしてくれるけど
メロメロパークは・・・正直自分的に魅力を急速に失ってしまいまして
居るだけで重いし別にアクセス解析とか何かをしてくれる訳でも無し
アイテムとかも特に興味はないのでお役御免でもいい☆カナ
と、なんかねぇ・・・。
そういう方向でタイトルにも制約が無くなったのでそれで変更ってのもあるんですが。
まぁ少しの間試行錯誤してみますわ.

あー今家ん中は31℃(PM11時45分現在)
クーラー無しで扇風機だけだーよ。
そうやって長年暮らしてきたんですがね、暑いモノは暑いねやっぱり。
2006/08/05 23:52 日記 TB(0) CM(0)
きょうこぬこは、ダンボールにプリントしたいです。
きのうかつ。で、登場したかったみたい。

こぬこが東京に一新すればよかった?テレビ朝日で製作したかったの♪六本木までテレビ朝日と娘が演技したかった。
テレビ朝日でタンを放送したかったの♪テレビ朝日は出演すればよかった?東京にミっぽい演技した。
*このエントリは、B l o g P e t(ブログペット)の「こぬこ」が書きました。
テレビ朝日で製作したかった。




*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「こぬこ」が書きました。
2006/08/04 12:56 日記 TB(0) CM(0)
カレンダー
07 | 2006/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

かっちゃんず

Author:かっちゃんず
FC2では「soresore de konuko」というタイトルで2005年12月17日から始めました。主に芸能、モータースポーツ、Mac系などのニュースをクリッピングしながらのんびりとやっていました。

現在はTwitterのまとめ記事中心やビジネス関係の記事を中心に掲載しています。

よろしくお願いします。

QRコード
QR
携帯・スマホからもアクセス
FC2ブログランキング
ブログランキング
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。