何が出てくるかわからない、いろんなことに挑戦中な不定期マイペース系日記。大きな事は出来ませんが、小さな事からコツコツと。
Reccomend



アウトドア&フィッシング ナチュラム



Recommend
  サンプル・モニターの口コミ広告ならブロカン
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ビジネス
147位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SOHO・在宅ワーク
26位
アクセスランキングを見る>>
今週末、オーストラリア・メルボルンのアルバートパークにてF1グランプリ2007年シーズンが開幕される。ニューマシンの完成が大幅に遅れていたスーパーアグリ。遂に、というかやっと、というかなんとか間に合った感じのあるスーパーアグリの2007年度シーズンを戦う「SA07」と呼ばれるマシンが完成、アルバートパーク・サーキット現地にてお披露目となった。

Nifty F1-06: スーパー・アグリ、『SA07』を正式発表

チームリリース

SUPER AGURI F1 TEAM がSA07 をメルボルンで発表

成功裏に冬のテストプログラムを終了したSUPER AGURI F1 TEAM の鈴木亜久里チーム代表とドライバーの佐藤琢磨とアンソニー・デビッドソンだが、今日、チームはオーストラリア・メルボルンのアルバートパーク・サーキットのF1 パドックで2007年シーズンを戦うSA07を発表した。

SA07 は、昨年チームが急遽準備した初めてのF1 カーであるSA05の開発プロセスの延長として作られたニューマシンだ。誕生からわずか15 ヶ月のチームにとって、新車導入は重要な一歩でもある。

SA07はチーフデザイナーのピーター・マックールが率いるSAF1チームのデザイン部門とホンダの栃木研究所が8か月をかけて共同開発したものだ。
ウインターテストでは数々のデザインコンセプトを検証し、ホンダが開発した新しいパワートレーンの信頼性向上のためのテストを行ってきた。
新しいホンダのホモロゲーションエンジンによって、SAF1チームのパワーと信頼性は大きく前進する。
これによってチームのパフォーマンスは向上し、新ルールと安定性重視のこの時期にコンペティティブなエンジンが登場することになる。
カーボン・ギヤボックスもホンダから提供されるパッケージのひとつで、重量配分がよりフレキシブルに行えるようになり、統合性も改善される結果、信頼性も向上するというメリットがある。

FIAのクラッシュテストはSA07の開発過程における大きなチャレンジとなった。
ノーズボックスのデザインを大幅に変更しなければならなかったし、リヤ中央のディフューザーのデザインにもエアロダイナミシストが頭を痛めることになった。
リヤの衝撃構造がダウンフォースに与える影響を最低限に抑える方法を見つけるために、チームは研究に膨大な時間を費やした。
その結果、V8エンジンが生む空力効率とブリヂストン・ポテンザタイヤのコンビネーションが効率の良いリヤのダウンフォースを生み、これが2007年のチームのカギを握る要素となった。

SAF1チームはウインターテストで新しいブリヂストン・ポテンザタイヤの特徴を示す多くのデータを得ており、これにより2006年よりも準備が整った体勢でレースに挑むことができる。
2007年シーズンを前にこのような良い一歩を踏み出したSAF1チームは、精鋭のみの戦いが許されるF1の一員として確かな地位を築き上げることを目指す。
向上した信頼性とタイヤへの深い理解、そして2007年ルールの下での空力への挑戦がSUPER AGURI F1 TEAM のカギを握る力となるだろう。

鈴木亜久里 チーム代表
「ウインターテストの期間はSUPER AGURI F1 TEAMにとってとてもいいものだった。
SA07の新しいパーツの信頼性の評価など、予定していたことはほとんど終えることができた。
時間と予算の関係でできないこともたくさんあったが、それを考えてもここメルボルンに持ってくることができたマシンにはとても満足している。

琢磨は1シーズンをSAF1チームで過ごした経験があり、チームの理念やスタイル、そしてスタッフのことも良く理解している。
ニューマシンがあれば、今年はもっと結果を出すことが出来るだろう。

アンソニーはHRF1チームで5年間テストドライバーを務めた経験があるので、その豊富な経験を活かしてくれると思う。
F1ではまだ3 レースしか経験がないが、マシンの技術面を評価する知識と経験を持ったドライバーなので、いいパフォーマンスを見せてくれると思う。

去年の今頃は、まだグリッドに2台のマシンを並ばせるために奮闘していた。
初めての年で、チームにとってはすべてが新しい経験だった。
今年はシーズン前に準備を行うことができ、チームの誰もがスタートを待ちきれない気分でいる。
ぼくは琢磨とアンソニーが再び共に働き、SAF1チームで彼らの最高のパフォーマンスを見せてくれることを楽しみにしているし、シーズン開幕戦からポイント獲得を目指す。
シーズン末にはグリッドの中程にマシンが並ぶようにしたいというのがぼくの目標であり、これは現実的な目標だと思っている。
また、このスタートの段階からファンの皆さんがぼくたちに声援を送ってくれることを願っている」


一時はクラッシュテストに不合格などで大幅にマシンの完成が遅れていたスーパーアグリのマシンだったがやっと完成したかという感じ。しかしオフシーズン中のテストなどはホンダF1の2006年度のマシンを暫定的に使用するなどかなりドタバタした感じだったし、今回公開されたマシンも実際にはそのホンダのマシンをモデファイしただけの様な感じもしないでもない。当然ぶっつけ本番なのは間違いないところですし、なにやらまだまだいろんな問題が沸き上がってきそうなマシンではあるが、去年のスーパーアグリのデビューイヤーは4年前の旧アロウズのシャーシで戦っていた事を考えると、とりあえずは序盤から2007年を戦えるだけのマシンが仕上がったかな、という感じだ。

d07aus404yu2.jpg

d07aus358fa4.jpg

2007/03/14 21:15 モータースポーツ TB(5) CM(0)
26日、F1のホンダチームは2007年度を戦うマシンのカラーリングを発表した。そのカラーは「地球環境問題」がテーマでマシン全体に大きな地球と宇宙空間が大胆にも描かれているというもの。そこマシンにはホンダ自社のロゴとタイヤメーカー(ブリヂストン)、そしてmyearthdream.comなるチャリティー企業のwebサイトのアドレスが記されているのみ。レーシングカーにはお決まりのように記されてている大量のスポンサーロゴを大胆にも撤廃している。

2007honda-image_01.jpg

スポンサーが無くなった訳ではなく…

Formula 1 関連ニュース: ホンダ 新カラーリングは地球色 - GPUpdate.net

新しいカラーリングは、ファンやスポンサー、顧客、発表会に出席した人々に、環境問題を解決するための支援に向けて行動するよう強く呼びかけている。

世界一の音楽会社であるユニバーサル・ミュージックとゲータレードが、今回の新しいコンセプトに賛同した最初のスポンサーである。これらのパートナーはこのアイディアを積極的に採用し、2007年シーズンはチームとの関わりを継続させていくことになる。これに加えて、フィラ、IBM、インストロン、オリヴァー・スウィーニー、パーキン・エルマー、昭和電工、TUV、アジエ・シャルミーもチームのスポンサーとなった。


「クーグルアース」の画像は使ってはいるもののGoogleはスポンサー企業には入ってないのですね。どうやら違うようです。エフログ : 発表会

…これはこういう小さい写真では少々微妙かもしれない。もしかしたら実車を見たらかなり綺麗なのかも。ただ実際走る姿はただの青いマシンにしか見られないかもしれないけど、アイディアは素晴らしいとは思った。かつてのF1ではマシンにナショナルカラーを身にまとうのが常識だったがロータスがマシンにスポンサードカラーを施したとこから時代が変わった。そして2007年のF1ホンダのスポンサーのロゴ撤廃の流れ…そしてモータースポーツ側からの「環境問題」に対する答え…こういう新しい取り組みがモータースポーツ界にも定着すると良いけれど。

2007honda-image_02.jpg

2007honda-image_03.jpg

Nifty F1-06: ホンダ『RA107』、新カラーリング発表

2007honda-image_04.jpg

2007honda-image_05.jpg

2007honda-image_06.jpg

地球を救え、1秒でも速く ホンダ、F1マーケティング新時代-スポーツニュース:イザ!


ホンダF1 RA107 myearthdream.com 発表動画
2007/02/27 10:09 モータースポーツ TB(3) CM(0)
これ以来のモータースポーツネタ、わたしはここに食いついた。

イケメンF1ドライバーのヒゲ
hid.jpg

爽やかなイケメンなドイツ人F1ドライバー、ニック・ハイドフェルド。
同じドイツ人F1ドライバーでもミハエル・シューマッハのようなカリスマ性はないわ
ある程度の速さや堅実さは持ち合わせていても今までいまいち影の薄いハイドフェルド。
ヒゲを蓄えてイメージチェンジを計ろうとしてるんでしょうか。
昨年後半はかなりいい感じに仕上がってきたBMWザウバー、今年こそ飛躍の年となるか。

「皇帝」ミハエル・シューマッハを失った2007年度のF1
正直な話、例年ほどはわくわく感がなくなってしまっている。
しかし突出した存在がいなくなったF1もまた別の意味で楽しみではあるが。
富士スピードウェイでのF1日本GPも楽しみって言えば楽しみだ。
2007/01/17 19:18 モータースポーツ TB(1) CM(0)
正に波乱のレース展開となったF1ハンガリーGPにてホンダがワークスとしては実に39年ぶりとなる優勝を決めました。

勝利をホンダの手にもたらしたジェンソン・バトンもデビューから7年,113戦目にして念願の初優勝となった。またエンジンサプライヤーとしてのホンダもBARホンダとして第3期がスタートしてから7シーズン目にして初めての優勝となった。

asahi.com:ホンダ復活、単独チームでは39年ぶり優勝 F1 - スポーツ

 トップで逃げるバトンの耳に心臓の鼓動が響いてくる。ホンダ単独チームとしては実に39年ぶりの優勝だ。初参戦から通算301戦目。ホンダに新たな歴史が加わった。

 スタート前からの降雨でコース上には水たまりも。車がスリップし、リタイアが相次いだ。しかし、14番手スタートのバトンには「悪かったのはスタート位置だけ。2位だった36周目で最速ラップを出し、勝てると思った」と焦りはなかった。

 ホンダにとっても万感の勝利だ。今季は第1期の60年代以来の単独チーム体制となり、一丸で優勝を狙っていた。開幕前には合計2万5000キロ以上ものテスト走行を敢行。だがここまで最高は第2戦のバトンの3位。苦しんだ末の栄光に、ホンダのピットは歓喜に沸き、涙を流すスタッフもいた。

 バトンは速さに定評がありながら、自身112戦目までは未勝利。F1で初の栄誉に「ここまで長かったが、今日の最後の10周は人生最高の走り。最後は叫んでいた」。

 60年代初頭、四輪の市販車開発を始める前にF1参戦を決めたホンダ。今季はルノーとフェラーリしか優勝していなかったが、信念で勝利をつかんだ。ホンダの福井社長と父親のジョンさんらが見守る中、バトンが表彰台に上がると、空に晴れ間が広がった。(共同)

2006/08/07 01:55 モータースポーツ TB(0) CM(0)
まずは金曜日のフリー走行でF.アロンソが進路妨害されたと思いR.ドーンボスに対して拳を挙げただけなら良いのですが追い抜き様にウェービング(車を左右に大きく振る)をしたなどの危険行為により予選3回のスティントそれぞれのベストタイムにプラス2秒の加算と言う厳しいペナルティ、そしてM.シューマッハも土曜日のフリー走行でJ.バトンのエンジン故障でコース上にストップ赤旗掲示を無視し3台の追い抜きを行なったとして同じ様に予選タイムプラス2秒というペナルティが課されている。これによりM.シューマッハ、アロンソ両者とも予選第2スティントで消える可能性があるという大判狂わせ。図らずもそれぞれシューマッハ18秒台、アロンソも19秒台ののタイムを弾き出しながらも上記のペナルティにより第2スティントでチャンピオン争いの2台が消える事となった。抜きどころの無いハンガロリンクでは苦戦は必至だ。これでがぜん有利になったのがK.ライコネン、ポールポジション。車にトラブルが出ず、なおかつピット作戦が失敗さえしなければトップチェッカーは決定的な様なもの。

予選4位通過のJ.バトンがエンジン交換により決勝スターティンググリッドは10グリッド降下。それによりM.シューマッハは11番手、アロンソは15番手よりのスタートとなる。SAF1勢はC.アルバースのエンジン交換ペナルティ、S.スピードの進路妨害ペナルティでタイム抹消により、佐藤琢磨が19番手より、山本左近も21番手より虎視眈々と上位を狙う(まず完走か?)

予選暫定結果
1. 3 K.ライコネン マクラーレンメルセデス M 1'19"599 198.138 Km/h
2. 6 F.マッサ フェラーリ B 1'19"886 197.426 Km/h
3. 11 R.バリチェロ Honda M 1'20"085 196.936 Km/h
4. 12 J.バトン Honda M 1'20"092 196.919 Km/h
5. 4 P.デ・ラ・ロサ マクラーレンメルセデス M 1'20"117 196.857 Km/h
6. 9 M.ウェバー ウィリアムズコスワース B 1'20"266 196.492 Km/h
7. 7 R.シューマッハ トヨタ B 1'20"759 195.292 Km/h
8. 2 G.フィジケラ ルノー M 1'20"924 194.894 Km/h
9. 8 J.トゥルーリ トヨタ B 1'21"132 194.394 Km/h
10. 17 R.クビカ BMWザウバー M 1'22"049 192.222 Km/h

11. 16 N.ハイドフェルド BMWザウバー M 1'20"623 195.622 Km/h
12. 5 M.シューマッハ フェラーリ B 1'20"875 195.012 Km/h
13. 14 D.クルサード レッドブルフェラーリ M 1'20"890 194.976 Km/h
14. 15 C.クリエン レッドブルフェラーリ M 1'21"207 194.215 Km/h
15. 1 F.アロンソ ルノー M 1'21"364 193.840 Km/h
16. 18 T.モンテイロ ミッドランドトヨタ B 1'23"767 188.279 Km/h

17. 20 V.リウッツィ トロ・ロッソコスワース M 1'22"068 192.177 Km/h
18. 10 N.ロズベルグ ウィリアムズコスワース B 1'22"084 192.140 Km/h
19. 21 S.スピード トロ・ロッソコスワース M 1'22"317 191.596 Km/h
20. 22 佐藤琢磨 SAF1 Honda B 1'22"967 190.095 Km/h
21. 19 C.アルバース ミッドランドトヨタ B 1'23"146 189.686 Km/h
22. 23 山本左近 SAF1 Honda B 1'24"016 187.721 Km/h
2006/08/06 09:54 モータースポーツ TB(1) CM(0)
Reccomend
デル株式会社



MoMA STORE
プロフィール

かっちゃんず

Author:かっちゃんず
FC2では「soresore de konuko」というタイトルで2005年12月17日から始めました。主に芸能、モータースポーツ、Mac系などのニュースをクリッピングしながらのんびりとやっていました。

現在はTwitterのまとめ記事中心やビジネス関係の記事を中心に掲載しています。

よろしくお願いします。

FC2ブログランキング
月別アーカイブ